Top News

タップダンス→ダンスタップへ

 ダンスは音楽とともにあり、音楽は時代とともに進化を遂げている。今では昔にはなかった様々な音、リズムが生まれ、ジャンルが創られてきました。

 ダンスも音楽に合わせ進化しています。でも、タップダンスは音を鳴らすため基本的な姿勢やら、体が物理的に制限されています。でも、そんな制限を外して、自由に体で表現し、空気を創る。でも確かな伝え方の技術、これをタップで表現したい。

 だから、タップダンスから、ダンスタップとしてこれからは活動していきます。時代から今、認められるスタイルではなく、これからの足掛かりになるスタイルを追求していきたい。そう思っています。

 といいながら、通常レッスンでは何かが変わるわけじゃなく、普通のタップをします。でも、表現はオリジナルを意識してて、でも時代の進化を学びながらすすめていく。そんな感じ。

 だから、タップダンス→ダンスタップにしてみようと思います?!


うちでもタップダンスが出来る!

コロナ対策でうちでタップができるメニューをたくさん用意しています。

曜日、時間などが不定期ですが、Facebookページに”いいね”を押していただければ、情報が届きますので、ぜひ”いいね”を押してください。

インスタLIVEレッスン

いつものレッスンよりも短時間ですが、基礎から積み上げていくレッスンです。

またZOOMを使った初心者大歓迎の個人体験レッスンを受け付けています。メールにてダンス歴、ご連絡先などのプロフィール、希望日時をお伝えください。

Youtubeチャンネル

今だからこそできる、ネットを使った誰もが参加できる作品づくり。TAPDANCE at HOMEでは、おうちでできるタップの動きだけでなく、タップボードの作り方や、体幹トレーニングなどもアップします。

こういうときだからこそ、新しい自分が生まれるとき、ぜひ、この春からアーチストになりましょう。体と音のアーチストに!体と音のアーチスト