大阪ライブシアター

2018 大阪ライブシアターのマニフェスト

あけましておめでとうございます。

本気の楽しさ

今年は、ここにこだわって、前に進んでいきます。

社会は多様化しています。様々な情報の中いろんな選択ができる一方、いろんな評価もされる時代です。

確かなことをみんなが求めてる。

これまでダンスを通して、

本当の自分は、今、求めている姿ではない。いろんな体験を経て、見つけた自分のスタイルこそに価値がある。

そんな気付きがたくさんありました。

 

今年は、そんな一皮むけた自分さがしが一緒にできればと思っています。


舞台

・コーラスやボイスパーカッションなど、タップ+アルファを組み込んだオンリーワンの舞台づくりを行います。

・デジタルメディアが氾濫する中、人がパフォーマンスをすることの意義を感じさせる ライブ=生 シアター=劇場 を構成、展開します。

ワークショップ

・他のジャンルとのコラボは、人に伝えるという目的において、貴重な経験を与えてくれます。他のジャンルを取り入れて、音楽を広くとらえる幅の広さを養いタップダンスの表現をいろんな角度から工夫できるようにします。

・また、普段のレッスンとは違う環境でのタップワークショップを行い、タップの楽しさを広く伝えていきます。

レッスン

・1st Step Lessonでは、基礎的なステップを少し応用して、インプロヴィゼーションなど、音の創作づくりや、入りやすいコンビネーションを繰り返しながら、ダンスの楽しさを伝えていきます。

・2nd Step Lessonでは、ダブルターンやジャンプなどのテクニックができるようにバレエやダンスの基礎を積み重ねていきます。また、少し難しいコンビネーションにも挑戦し、1レベルアップした色のあるダンスの伝え方を進めます。

・Jazzy Classでは、基礎的なステップを練習しながら、少し組み合わせて違うフレーズを創ったりしながら、ジャズに合う自分なりの音作りができるようにします。

 

2018年の大阪ライブシアターもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)