大阪ライブシアター舞台

ふれあいコンサート

山田ふれあい文化センターでいつも活動している団体のコラボコンサート。

昨年末に初めて顔合わせがあってから始まった試みです。

事務局の方がコーディネートしたコラボは、

フラメンコとタップのコラボ。

ここから、今回コラボしていただく酒井さんとのチャレンジが始まりました。

 

せっかくのコラボなので、フラメンコ寄り、タップ寄りの作品をコラボをしよう

 

フラメンコってどんな曲がある?ツタヤで探せる?

いつもは生演奏。

 

フラメンコは調べてみると、いろんな曲種があって、今回挑むのは、ソレアポルブレリア。

12拍子の難敵です。

 

さて、タップとフラメンコ、靴音を鳴らすダンスですが、似てるようで、少しずつ違う。足の使い方、リズムの取り方。でも何より作品作りで難しかったのが、曲に合わせた音作り。タップからのアプローチがイメージできない。

 

 

タップからこの曲へアプローチしようと思えば、フラメンコそのものを正しく理解しよう。ということで、フラメンコの振付をそのままつけていこうと決め、舞台に臨むことにしました。

 

自分で理解し、こどもたちに伝える。こどもたちは素直に、その世界をかたちにしていきました。

すごいですよね。こどもの力って。