レッスン大阪ライブシアター

エクセサイズのこと

 大阪ライブシアターのタップダンスレッスンは、ストレッチなどのエクセサイズから始まります。

 タップダンスは、タップスという硬い靴底で床をたたくため振動も多く、体の負担が大きく、けがにつながる可能性があります。また、タップシューズを履いてないはだしの状況でも音が鳴ることのが大切という考え方、さらにタップダンスの見せ方を重視して、体幹を鍛えるバレエベーシックやストレッチを入念にしてから、タップダンスのベーシックに入っていきます。

 エクセサイズでは、まず首、背中、上半身をリラックスしながら始動。

 次第に動きを下半身につなげていき、フロアへ座る

 座ってからは入念にストレッチしながら、最後は立ち上がっていく流れを作っていきます

 

エクセサイズはタップのベーシックにつながる入り口、とっても重要

だから絶えず更新が必要。

 今は、鍛える系の動き、バレエベーシックで体幹を重視、アイソレーション系でそれぞれの体の部分を自由に動かすこと、ステップを絡めたものを入れていこうと思っています。

 

鍛える系の動き・・・・やっぱり腹筋、背筋系で体幹トレーニングが必要。

バレエベーシック・・・・プリエ、バドマンタンジュ、ジュテ系と、シソンヌフォンデュあたりは少しでも入れたい

アイソレーション系・・・・ヒップ系を入れていきたい

それぞれをステップを絡めて作っていきたい

そう思っています。