History

タップダンスは、体と靴音で表現するアート。

自分スタイルで人に伝え、いろんな人とつながることができる、大きな可能性があるダンスです。

そんなタップダンスの舞台活動やレッスンを通して、
自分表現力や、コミュニケーション力を育みながら、
本物の表現者を育てる。

そんな活動を大阪ライブシアターはみんなで目指しています。


 

設立~第1世代(1992年頃~)

  • “客席に近い舞台づくり”を合言葉に、大阪放送劇団研究所の卒業生が中心となり、カンパニーとして結成。
  • ダンス、演劇、映画、マジックなど、様々なコンテンツを1パックにした、ライブ(キャスト1人ずつの個性を引き出す舞台づくり)を意識した舞台活動を展開。

 第2世代(1998年頃~)

  • タップダンスを軸にした活動へと展開
  • 活動を広げていくため、公募でメンバーを集め、タップダンスレッスンを始める。
  • 舞台活動は、クラブイベントでの展開や、DJやVJなど他分野のクリエイターとのコラボレートを中心に展開。
  • 2005年からは、オリジナルの舞台を展開。
  • Living In Tap Dance City 2005
  • Tap Rhythm Language   2006
  • Tap Dance Theme Park ”AQUARIUM” 2007

第3世代(2008年頃~)

  • 活動の場を、これまで成人を対象にしていたが、こどもにも展開を広げる。
  • 関西や全国のタップダンサーとの連携を進め、関西タップダンスフェスティバル、大阪タップコレクションなどに参加。
  • 2015 Winter TapDanceConcert 君に伝えたい“タップは楽しい
  • 2016 TapdanceThemePark “AQUARIUM” (Arena & Theater)

  主宰:福山 隆志

World Music Session

大学生のときに、大阪でシアターダンスとタップ、その後クラシックバレエをはじめ、関西を中心とする舞台に出演。 27歳のときにニューヨークに渡り、帰国後、大阪ライブシアターを設立。