今週から始めたレッスン

タップの音に耳を澄ませてみよう

タップではどうしても、リズムの速さに気を取られ、またターンとか派手なテクニックにも心を奪われがち。

でも、何か一つ忘れてるのが、音の質

人間がダンスを踊るのは、何かを表現したいから。

それは、喜びや悲しみ、怒り、感情です。

歌を歌うのも同じ。だから人は感情にあった声で歌いたい。

ダンスの根本、人の自然を表現するためのもの

タップでは靴音です。

 

この表情のない音に表情を載せて表現する。これがタップダンスの醍醐味です。

 

具体的にはこんなレッスン

まず、音楽を聴く。これは、リズムのイメージを膨らませるため。

次に音楽を止めて、ボールタップやヒールドロップなど、何種類かの音を聞いてもらう。

次に背中合わせで、視覚に頼らず、音に集中しながら、音を当てていく。

続いて、リズムを重ねながらコール&レスポンス

これでタップの会話を成立させていこうというレッスンです。

 

まずは、最初シングルサウンドから始めました

 

音に対して、雑になりがちですが、いい音でタップを入れることが、ボディ全体のバランスも整えてくれます。

タップの音に耳を澄ますと、人は自然に還る