理不尽に勝つ

ラグビー平尾誠二さんの著書「理不尽に勝つ」を読んだ。

とても示唆に富んだ内容です。
特に印象に残ったひとつ、サッカーの岡田監督の話を伝えよう。

岡田監督が2度目の代表監督になったときに選手に語り掛けてきた言葉がある。

「俺は君にこうしてほしいと思っている。君は能力もある。だから俺に従ってやってくれたらものすごくうれしい。でも“冗談じゃない”とか、“やっていられない”と思ったら、残念だけどあきらめるから、チームから出ていってくれ。なぜなら、俺は代表監督として全責任を負っているんだ。」

監督としての覚悟を示す深いメッセージだと思います。

例えば、この時に、選手の肩をたたいて「頼むな、やってくれよ」と言ってしまったら、チームはまとまらないんだよ。ともいわれています。

また、この本では、

「追い込まれたことのある人間とない人間は、人生を切り開いていく力が違う。人間は追い込まれれば、一皮むける。」とも伝えてくれています。

僕のマインドを変えてくれる深い1冊でした。