大阪ライブシアター

タップダンスの魅力

ピッタリくると・・・

ダンスで使う音楽の多くは、4や8や16小節で割り切れます。 ダンスの振り付けもそれに応じて作っていく。 でもたまに、8小節目が2拍で終わって次のメロディに行くような曲があります。 数えているのに裏切られるような。 この裏切られるような感じに...
大阪ライブシアター

タップを共創して、新しい価値を社会に提案しよう

皆さん、共創って言葉聞いたことありますか? 最近、マーケティングではこの言葉がよく使われます。 かつて、ものづくりの世界では大量生産、大量消費の時代がありました。この時は、製品に機能を売り込む時代。こんな夢見たいな製品ができました・・・・み...
大阪ライブシアター

ダンスのイメージを変える

ダンスはスポーツ? 音楽見たいなアート? いろんな捉え方があると思います。 僕が思うのはもっと人の本質的なもの=表現 といってます。 人が生まれて初めて覚える自分の意思を伝える手段 ゼスチャー 赤ちゃんは泣いて自分の思いを伝えます。 猫や犬...
タップダンスの魅力

タップは料理

無機質な音に感情を込めるのは、料理に似てる 素材だけで食べると、美味しい野菜は本当に美味しい 味付けが要らないくらい 料理って、味付けが要らないんです 素材の自然をいただく この場合、料理ってタップの音のことじゃない、演者、ダンサーのこと ...
タップレッスン生のナマの声

タップダンス ビフォーアフター

レッスンに来て2年になる小学生3年生の男の子のタップレッスンのビフォアフターです 1年でのすごい成長曲線がヤバい彼のタップやる前と現在です。  レッスンに通い出す前からTAPは知っていて、TVで見たものを真似たりして靴底を鳴らしてよく遊んで...
タップレッスン日記

子どもに勝つにはもっと子どもでいること

子どもたちのテンションが上がってしまい、レッスンにならないとき、何かに夢中になって話を聞かなかったりする時、あなたが先生ならどうしますか? 僕の最強のテクニック、それは・・・・ 彼ら以上に子どもになる。 これだと思います。 何か話を聞いてな...
大阪ライブシアター

ダンスとは伝えるを学ぶこと

タップをしていて、ダンスってこういうことだと思ったシーン レッスンの途中で突然泣き出した子どもが一人。 何かに不満があってもうレッスンも手につかない。 こういう時、あなたが先生ならどうしますか? 何かが不満で、伝わらなくて、「わかってほしい...
タップレッスン日記

タップの音に耳を澄ますと人は自然に還る

今週から始めたレッスン タップの音に耳を澄ませてみよう タップではどうしても、リズムの速さに気を取られ、またターンとか派手なテクニックにも心を奪われがち。 でも、何か一つ忘れてるのが、音の質 人間がダンスを踊るのは、何かを表現したいから。 ...
大阪ライブシアター

表現力

人に伝えようとすると、 人は自分の未だ知らない力を出す 潜在能力を出す 例えば、ピアノだと、コードの押さえ方とか、理論とか、考えるのは大事だけど、要は体の一部として音が出る道具として手足にできると、人に伝えることができる カウンセリングでも...
大阪ライブシアター

子どもにはできた実感が大切

最近の1stClass 子どもたちのペースに飲まれそうになってる。 でも、そこで最近のレッスンの進め方 カリキュラムや目標を伝える 例えば 1 エクセサイズ 2 シングルサウンドからダブルサウンド 3 タップベーシック 4 シャッフル フラ...