2017年 大阪ライブシアターのマニフェスト

本当の うれしたのしい大好き! を

タップダンスの楽しみ方は、音が鳴って楽しいという部分、人に伝わって楽しいという部分、両方の可能性があります。

舞台やテレビ、YouTube、いろんなメディアを通してタップダンスをやっているのを見て、「すごい!、あんな風に私もなりたい!」

だから、タップダンスを始めたという人も多いのではないでしょうか。

レッスンで求めているイメージにアプローチができているのか、また、求めているイメージがあるのか、こどももおとなもこれが大切なプロセスです。

本当に、うれしいたのしい大好き というのは、求めるイメージが明らかになっていて、そこにアプローチしようとしている本気の自分がある姿ではないかと思っています。

2017年の大阪ライブシアターでは、このプロセスを大切にして、チームとしてもイメージを創りながら、舞台、ワークショップ、レッスンを重ねていきます。

舞台

・オリジナルの舞台をやりますが、今回もコーラスやボイスパーカッションなど、タップ+アルファを組み込んだオンリーワンの舞台づくりを行います。

・デジタルメディアが氾濫する中、人がパフォーマンスをすることの意義を感じさせる ライブ=生 シアター=劇場 を構成、展開します。

ワークショップ

・他のジャンルとのコラボは、人に伝えるという目的において、貴重な経験を与えてくれます。他のジャンルを取り入れて、音楽を広くとらえる幅の広さを養いタップダンスの表現をいろんな角度から工夫できるようにします。

・また、普段のレッスンとは違う環境でのタップワークショップを行い、タップの楽しさを広く伝えていきます。

レッスン

・1st Step Lessonでは、基礎的なステップを少し応用して、インプロヴィゼーションなど、音の創作づくりや、入りやすいコンビネーションを繰り返しながら、ダンスの楽しさを伝えていきます。

・2nd Step Lessonでは、バレエやダンスの基礎を積み重ねながら、ターンやジャンプなどのテクニック、少し難しいコンビネーションにも挑戦し、1レベルアップしたダンスの楽しさを伝えていきます。

・Tap Start Classでは、基礎的なステップを繰り返し練習します。また、リズムに乗せて、タップダンスの楽しさを伝えていきます。

・Jazzy Classでは、基礎的なステップを練習しながら、少し組み合わせて違うフレーズを創ったりしながら、ジャズに合う自分なりの音作りができるようにします。

 

2017年の大阪ライブシアターもよろしくお願いします。