レッスン

ライフステージにプラスになれば

先週の水曜日のレッスンは、ゴールデンウィークを利用して、カズが東京から帰ってきてレッスンに来てくれました。

カズは、ちょうど大学入学とともに、うちに来てタップをはじめて4年間、今は東京でお仕事です。

学生の時も大人っぽい彼でしたが、さらに東京で洗練されてました。

大阪ライブシアターもこれまで、いろんな人と関わってきました。

例えば子どもの時期、学生の時期、社会人になって・・・いろんな年代、いろんな時期に様々な人と関わる時間をいただきます。

レッスンに来れなくなった後も、タップを続ける、違うジャンルのダンスを続ける、音楽のジャンルで続ける、またまったく違うジャンルで活躍する。いろんなライフステージをお聞きします。
タップには、自分でからだで基礎を覚えて、動いて、人に魅せて、また、人とつながったり、音楽とつながったり、そんなことを通して、自分を見つめなおしたり、人の気持ちがわかったりする瞬間があります。

そんな体験がそれぞれのライフステージにプラスになればと

こんな素敵なことはほかにありません。

ちなみにカズはバレエ。

がんばれ、カズ!応援してるよ。